検索
  • T.S.G.gakki

【川越のT.S.G.楽器店】ナット摩耗のリペアも費用と時間をを抑えることが可能です


弦交換を繰り返し。

更にはチューニングの繰り返しでナットは摩耗します。


ナット溝が摩耗により下がると弦高が落ち、

弦が振動しなくなり「ビビり」が発生します。


フレットによっては音つまりや弦が全く鳴らないなどの原因になります。

また、ナット溝が横に摩耗すると弦に横振動が発生します。


この症状になるとビビりの症状よりも厄介で

音階そのものに狂いが発生し、

チューナーを使用してもチューニングが合いません。


ギターを鳴らしてみて特定の弦だけ音量が

小さいなどの症状はナット摩耗のサインです。


こちらは、1弦のみナット溝を埋めてから、

最適な溝幅で切り直ししています。


ナットそのものの交換よりも

費用と時間をを抑えることが可能ですのでご相談ください。

18回の閲覧0件のコメント