検索
  • T.S.G.gakki

【川越のT.S.G.楽器店】古いベースを射器による接着剤流し込みで部分圧着により補修します


古いベースは指板剥がれが発生することが多く、

当店では、射器による接着剤流し込みで部分圧着により補修します。


エレキベースは

ギターに比べてネックが

細いうえに弦も太く、

物凄いテンションがかかっています。


木材は弦のテンションに耐えきれずに反りを起こし、

剥がれが発生する訳ですが、


古いベースの場合は指板と

ネック本体の接着材が劣化し、

指板剥がれが起きるケースが多いです。


お手持ちのギターやベースで、

ネックサイドの指板とネック本体の境界線に

段差や隙間や塗装ヒビがある場合には指板剥がれの前兆です。


セルバインディングがある場合は

その周辺をチェックしてみて下さい。

26回の閲覧0件のコメント