検索
  • T.S.G.gakki

【川越のT.S.G.楽器店】Gibson Les Paul フレット交換「フレット打ち」


Gibsonのネックには指板横にセルバインディングがあり、

フレット・エッジ・バインディングと呼ばれる形状をしています。


通常フレット交換では、

作業の工程のしやすさや 時間短縮の為、


フレット・エッジ・バインディングをそぎ落としてから

フレットを打ち込みます。


当店では、フレット・エッジ・バインディングを温存し、

新規のフレットの 寸法を誤差なく出してから

フレット打ち込みを開始します。


これにより交換前のルックスを維持できます。

特に、ビンテージギターなどバインディングの温存が可能です。

7回の閲覧0件のコメント