検索
  • T.S.G.gakki

【川越のT.S.G.楽器店】Fender Jazz Bass 70年代ビンテージベースのフレット交換その②「指板すり合わせ」

最終更新: 4月19日


製造から45年以上経過し、長い間過酷な演奏に耐えてきた指板はガタガタ。


指の形にえぐれている所も数か所あり、フルフラットにする事は不可能なので、

可能な限り平にします。


この作業を怠ると後にフレット打ち込みした際に、

浮き上がりなどの現象が発生し均一に仕上がりません。

このベースの指板Rに合わせ均一に削ります。


同時に、木材の痛んだ個所や変色個所を削り出します。

プレイヤーの汗や長年のオイル汚れなどは、

この作業によりほぼリフレッシュさせます。

3回の閲覧0件のコメント