検索
  • T.S.G.gakki

【川越のT.S.G.楽器店】Fender Jazz Bass 70年代ビンテージベースのフレット交換その①「フレット抜き」 

最終更新: 6時間前


ビンテージ品なので一筋縄ではいきません。

こちらのフレットは、長年すり合わせを繰り返し減り減りの状態で

1分山で演奏は不可能でした。


元フレットを引き抜く作業から開始。

指板は、かなり痩せておりガタガタで傷みも酷く、

少しの衝撃で今にも崩れそうな状態。


普通に引き抜く事は不可能ですので、

ハンダごてで十分にフレットを温めてから引き抜きます。


この作業により、指板に熱が伝わり木が柔らかくなり引き抜く事が可能ですが、

そこはビンテージ品。細心の注意を払い木材を傷めないように作業します。

2回の閲覧0件のコメント

埼玉県公館委委員会許可 第431130016021号

Copyright (C)Usednet co., ltd. All Rights Reserved.